141: 心霊の名無しさん
高校時代の話 
俺が座る席の前にいたT君という、うちの高校でもイケメンの部類に入る人がいました 
俺は書道と歴史・地理が大好きで、T君はそれが苦手で、T君は俺が苦手な英語と数学が得意でした 
なので一緒に勉強したり、大親友までは行かないんですけど、気の置けない仲間でした 。

そのT君は「彼女欲しいよー」が口癖だったので、
俺と学習塾が同じで、同じ高校に入学した女子(T子)を紹介しました。 
T子はちょっとおっとりしていて、いつもリボンをしている子でした 
T君はT子と付き合い始めて、他の女子がT子を妬むぐらいになってきたので
T君は彼女の事をかばい 毎日お弁当を作ってきたり、俺ら仲間と一緒に海に行ったりしていました 。

そのT子が2年経つと性格が変わってきて、
ちょっと不思議系少女(っていうのか?)になってきたんですよ 
まああれはメンヘラなのかな? 

俺の高校は1人1人に専用のロッカーがあって、私物は入れてはいけないという校則がありましたが
形骸化していて 、俺も私物をたくさん入れていました。 
T子が自分のロッカーを開けていた時、俺はふと見てしまったんですが
ロッカーの中はポリエチレン製の容器がずらり 。

俺がなにこれ?と言ったら、T子「このくらいやらないとT君逃げちゃうから」と、
なんだかわけがわからない事を 言っていました。 
俺がT君に彼女大丈夫か頭?って聞いたら
T君彼女の虜になったのか「大丈夫だよ~」とふわふわした声で 
笑っていましたね、あれはヤバい雰囲気がしました 

授業中も2人はずっと夢を見ているようで、俺の前に居たT君は彼女の隣に座るようになり
先生も「またか」と相手にしないでいました 。
ある日、授業中にT子が立ち上がって、ボーッとふわふわしているT君の腕をつかみ
教室を駆け足で出てってしまったので 、先生が追いかけたところ、間に合わず自殺してしまいました 

自殺方法は身バレする恐れがあるのでいいませんが、結構残酷な自殺の部類に入ります 
同級生たちは「T君に彼女紹介した奴誰だよ」と言っていましたが俺です 
でも、2年前紹介しただけなので俺には責任は無いと思いたいです・・・・

kaidan110
【高校時代に体験した、怖い話・・・】の続きを読む