96: 心霊の名無しさん
知り合いが添乗員で時々自宅に来てくれるのだけど、お客さんがやっぱり見ちゃうそうです。 

ホテルの朝食で顔色がすぐれないから理由を聞くと壁から昔の格好した外人Wが出てきて一晩中枕もとに立ってたそうです。 
もう一人はイタリアの古いホテルの廊下で前を歩いてる人が忽然と消えたそうです。 

2人ともツアーの常連で年配の方だそうですが霊感は生まれてこのかた無かったそうだ。 
翌年からはヨーロッパは怖いと旅行に参加しなくなったそうです。W

kaidan143

【霊の出現と共に、何か匂いがする・・・】の続きを読む