2chの怖い話のまとめサイト

    怖い話

    432: 心霊の名無しさん
    怖いとはちょっと違うのですが…スレチだったらごめんなさい。 
    最近、葬儀場で告別式スタッフのバイトを始めました。 
    業務は、会場の設営・式のサポート・会場の片付け。 

    基本的に少人数で回しているので、ひとつの式に社員とバイトの二人しかつかないのもザラ。 
    そうなると、式前でフロアにはご遺体と自分のふたりっきり(?)で準備をする場合等がよくあるんです。
    でも、奇妙な事とか背筋が寒くなるような事とか、正直全く無いんですよ。 
    本当に綺麗さっぱり無い。 

    亡くなる、とはこういう事なんだ、としみじみ思いました。 
    人って、単体だと亡くなった後になにも残せないんです。 
    どんなに強い恨みつらみを持っていても、亡くなった瞬間にそれも消えるんだなあ、って。 
    もちろん、親しい友人やご遺族が居て思いや血筋を残せた場合は、繋がっていくなにかもあるでしょう。 
    でも、生涯独身のままで、家族とも疎遠、友達も居ない…みたいな人もたまにいらっしゃって。 
    孤独死していたのを、役所がどうにか遠縁の親族を見つけ、憐れんだ親族さん一人きりのお葬式というのもありました。 

    この「なにも残せない」というのが、自分としてはじんわり怖かった。 
    その人の生きていた証、それを知る人・思いやる人がほぼ居なければ、じきに消えてしまう。 
    こんなに恐ろしくて悲しい事は無いんじゃないかと。 

    長々と失礼しました。

    kaidan206
    【京都のあるフードコートで見たもの・・・】の続きを読む

    342: 心霊の名無しさん
    ホラーって感じじゃないんだけどいいかな。長いからあれだったらとばして。 

    今から20年近く前、実家の近くにすごく古くてボロい家ばかりが並ぶ地区があった。 
    小学校の道徳でやたら部落差別の授業がある地域だったので、もしかしたらそこ一帯がその部落なのでは、とみんな感じてたんだけど 
    その地区のすぐそばに住む子が居たのでなんとなく気が引けて誰も触れはしなかったから本当のところはわからない。 

    俺はその地区のそばに住む子と仲が良くて、まぁそこも長屋のボロい家だったがよく遊びに行ってたのね。 
    小学校高学年くらいにその子は転校しちゃって、しばらくはその地区にも立ち寄らなかったんだが、 
    中学に上がった頃、その地区をふらふらするのが日課になった。 
    ひと気が一切なくて、こっそり煙草を吸うのにはもってこいの場所だったからなんだけど。 
    住んでる形跡(たまに洗濯物とかが干してある)はあるんだけど、軒並み窓とかも閉めてあって(裏からトタンがはられてる感じで中の様子が一切わからなかった)誰ひとり見たことなかった。 
    今思えばほんとに不気味な地区だった。

    kaidan201


    【お盆休みの墓参りでの出来事・・・】の続きを読む

    271: 心霊の名無しさん
    その日は、お昼から深夜まで近所の人たちやらが集まってBBQを幼馴染の家の庭でやっていた。 
    夜の九時前くらいだったと思う、ニンテンドウー64が出始めで当時の僕(たぶん小4)が本体を持っていて 
    お酒も飲めない子供は基本飽きているのは当然で、僕の家から64持って来て幼馴染の家でやろう 
    と言う話しになった。 

    幼馴染の家はT字路を曲がって直ぐの所で、僕の家からは300m位の場所にある。 
    無駄にテンション高くキャッキャと走って向かったが、僕の家の玄関に着く時には二人とも口を閉じ逃げるように家に入った。 
    僕の家は十字路に面して立っており、その十字路には街灯が点灯している。 
    その街頭の下に髪が長くて黒いワンピースを着たずぶ濡れの女性が立っていた。 
    僕らに背を向ける形で俯いてただ立っていた。

    kaidan198
    【ずぶ濡れの黒いワンピースの女・・・】の続きを読む

    67: 心霊の名無しさん
    ここ最近の話……というか現在進行形。 

    数週間前くらいから、今くらいの時間(深夜2時くらい)に風呂に入ると必ず俺を呼ぶ声が聞こえる。 

    声と呼び方は間違いなく嫁なんだけど、嫁じゃない。なぜか確信が持てる。 
    もちろん嫁は「自分は呼んでない」とも言ってる。 
    なんでかは分からないけど、返事はしちゃいけない気がして、いつも無視してる。 

    でも最近はどんどん呼び方が激しくなったり、たまに違う人物(友人や親)の声で呼ばれたりする事もある。 

    だから朝シャンに切り替えたんだけど、それでも聞こえたらどうしようと不安になる。 
    現在進行形なせいでオチもなく中途半端で申し訳ないが、自身の体験したほんのりな話でした。

    kaidan196
    【今考えても、怖かった体験話・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ