2chの怖い話のまとめサイト

    学校の怪談

    2: 心霊の名無しさん
    校舎と校舎の真ん中にあった池 
    そこには鯉がたくさん飼われていたのだが 
    半年に一回くらいの割合でその鯉が全滅してしまうことがある 

    深夜、学校の見回りをしている警備員が目撃したところによると 
    どこから入ってきたのか、青い着物を着た女が池の端に立っており 
    ケラケラ笑いながら何かエサのようなものをばらまいていたという 

    その翌朝、鯉は全滅していた

    kaidan33
    【学校の怪談&七不思議体験】の続きを読む

    このページのトップヘ