39: 心霊の名無しさん
最近の入院でもあったな、これはリアル系だけど 
夜中何かガサガサと音がして目が覚めると、ベットの横におばあちゃんが立ってた 
どうやらトイレから戻る際に部屋を間違えてしまったようだったけど
夜中の2時にそれやられると怖いわ

kaidan108
      40: 心霊の名無しさん
      >>39
      怖いwww

      41: 心霊の名無しさん
      >>39
      まぁそのおばあさんその日の前日に亡くなってたんだけどね

      42: 心霊の名無しさん
      >>41
      怖えよ、でも実際同質の人がなくなったっていう経験はあるな
      次の日になるとそのベットは廊下に出されて病室はそこだけポッカリ空く感じになるのな

      44: 心霊の名無しさん
      凄い状況だな

      46: 心霊の名無しさん
      鎌倉の有名心霊スポットの某トンネルでの話
      深夜にトンネルの中で駐車してエンジンを切ると、霊が来るという話があって
      学生時代の友人達と肝試し的なノリで行ってみた 。
      噂話の通りにトンネルの中程で車を止めて、エンジンを切ってみた。

      最初は余裕余裕とか言っていたが、やはり周囲はおどろおどろしく気味が悪い 。
      すると友人の一人がなんか変な声が聴こえると言い出した。
       嘘つけよとか言っていたけど、何か異様な気配を感じ早く車を出そうと皆騒ぎ出した。
       
      しかし車のエンジンがかからない。冗談よせよとか言ってたけど運転していた友人は、
      半ば狂乱しながら本当にかからないんだよと喚いてる

      みんなパニックを起こし、ヤバイヤバイと喚いていた所
      一人冷静だった友人がシフトチェンジレバーをDからNに入れる
      するとたちまち車のセルが回りだし、エンジンがかかりトンネルから脱出成功
      今でも友人と会うと笑い話になるけど本当に怖かった・・・

      54: 心霊の名無しさん
      >>46
      小坪トンネルか

      57: 心霊の名無しさん
      ラジオつけっぱなしで寝ちゃってて、夜中に目が覚めた時の話
      日曜だったからラジオの放送は終わってて、ただザァーーッて音だけが流れてたんだけど

      何故かその音に乗せてずっと「ねえ…ねえ…ねえ…」っていう
      低い女の声みたいなのが流れ続けてたことがあったんだよな
      その事例に遭遇したのはその時1回きりだったけど何かの音と聞き間違えたんかなあ。

      64: 心霊の名無しさん
      おやじから聞いた話思い出した 。
      うちには本当はもう一人兄弟がいたって、酔った親父が俺に言った・・・ 
      きちんと話は聞けなかったけど、死産で無くなった弟がいたらしい

      去年うちに帰った時に掃除してたら、見つけてしまったんだよ 。
      箱にちゃんと保管されてた弟のへその緒を
      その箱にはびっしりとお札らしき物が貼られていた
      中には線香とろうそく、あと日本人形が入っていた
      そして人形はカードを持っていた
      そのカードにおかんの字で「殺してごめん」って書いていた

      86: 心霊の名無しさん
      >>83
      怖いんですけど、そういったものに麻痺してくる部分もあるかもしれんっす。 
      同期の奴で、営業で行った家で、玄関に出てきた人が何を話しかけても
      頭を振って「うん、うん、うん」と頷くことしかしなくて、その時はあきらめて帰って
      後日改めて訪問すると、葬儀を出して以来誰もいないことが分かったとか

      古い仏壇をいくつか引き取ってバックルームに保管していたら話し声がするとか
      ちょっとしたことだったら、色々聞きました

      84: 心霊の名無しさん
      >>81
      受話器を耳に当てたとき、ツーツーって音が聞こえないから電話線繋がってない

      85: 心霊の名無しさん
      >>84
      あ、そういうことか怖い

      71: 心霊の名無しさん
      落ちないけど
      高校生の時廃墟になった商業施設に忍び込んで、友人の四人でサバゲーをやってたんだ
      そこはスーパーにボウリング、ゲーセンがくっついた複合施設で
      かなりのデカさで、サバゲーにはうってつけだった 。

      残置物もたくさんあって屋内戦に適してた
      休憩する場所もスーパーのバックヤードで、机などもあり最高の環境だった
      だが、一つだけ嫌なところがあった。
      夕方になるとと誰かに見られてるような、いやーな視線を感じるところだった
      実害はないし、夕方になったら帰ればいいからサバゲーをやってた

      79: 心霊の名無しさん
      >>71続き
      その日もサバゲーを朝からやってた。 何戦かやってすぐ夕方に近づいた
      例のいやーな視線を感じ始める時間だし、帰ろうとと提案しようとしたら

      いきなり近くから、黒電話のジリリリリという呼び出し音が鳴り響いた ・・・
      近くから聞こえて、その音がする方に向かうと
      地面に直置きされている黒電話があり、それが鳴り続けてる 。
      まじかよ、やべーよって思いながらも俺が受話器をとった
      耳に当てるのは嫌な予感しかしないし、変なのついてくるかもだから、すぐ受話器を置いた
      当然呼び出し音はきれ、鳴らない 。
      それを確認し、受話器を耳に当てると ツーツーという音も聞こえない
      鳥肌がたち怖くなり、すぐ帰りました 。
      その廃墟は取り壊され、いまでは道路になってる

      管理人のコメント

      夜中にいきなりおばあちゃんが現れたら、怖いですね・・・・

      参照元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1497550154/